現店舗営業残り17日!アトリエキク商品販売在庫と再入荷のご案内。



おはようございます。

雨。

今日も結構な雨降り。

7月に入ってから改革モード(家庭内の)に突入し、

問題点を書き出しては改善策を唱える日々…

お兄ちゃんが中学生になり、進学の事やその先の事…

まだまだ遠いと感じていた未来が途端に現実味を帯びはじめて、焦りが出ました。

当の本人は目的もなく意識低すぎ、焦りがなさすぎで腹が立ち、強く言ってしまった。

人生において面倒くさいこと、考えたくない事は山ほどあるけれど、

そういう事に蓋をして逃げてしまうのは良くない。

いや、これは正直、社会に出てからの方がやってしまいがちなので

子供であるうちは苦手な事にも一生懸命挑んで、もがき悩んで、経験をしておいてほしい。

とはいえ、子もそれぞれ性格や考え方が違うので自分の経験を押し付けるのも良くないし、

こちらが必死にならなくても上手に生きていってくれるのかもしれないなぁ…

もう、何が正しいのかわからずで悩む雨の朝です。

--

朝から重い話で失礼…!

そうこうしているうちに、現店舗での営業が残り17日となりました。

SNS等ではご案内をしていましたが、

アトリエキクさんのスキンケア商品の入荷に関してこちらでもご案内を。

こちらは夏季の長期休業に向けて入荷を控えておりましたが、

リピーターさんからのご要望を受けて

◎SNOWY 花酵母日本酒の保湿液/100ml @3,000+tax
◎オイルクレンジングMA/120ml @3,200+tax

の2種類を追加入荷いたします。

最小限の数量で入荷の予定ですので8/10までにお受取可能な方はご予約を受付ております。
※7/20まで!

新店舗のオープンは9月中旬以降となりますので、

その間に無くなりそうな方は今のうちにストックのご用意をお忘れなく。

また、店頭では下記の商品を販売中です。

◎CECCA ローズの化粧水 /100ml @3,000+tax 残2点


◎CECCA ローズの保湿クリーム/30ml @3,000+tax 残3点


◎CECCA クレンジングオイル -セサミ 30ml @1,200+tax 残2点


◎SNOWY 日本酒石鹸 菊の香る散歩道 /85g @1,500+tax 残4点



◎SNOWY 日本酒石鹸 サクラカイドウ /85g @1,000+tax 残3点



◎化粧石鹸 スプリングキャロット /85g @1,000+tax 残3点



◎CECCA ボリジシードとシアバターのハンドクリーム/レフィル30g @1,000+tax 残2点



◎CECCA ボディマッサージ用ホホバオイル /70ml @2,500+tax 残2点



◎フットミスト(スパイシー)/30ml @900+tax 残4点


来週からは夏休み!(子の…)

暑く熱い毎日を気分良く乗り切れるよう

アトリエキクさんのリフレッシュアイテムをお供にお過ごしください!!

わらしべ続きとH &Y小物--



夏休み目前の水曜日。

ご近所の円居さんも夏季休業に入られたし、まったりモードかな。

と予想していましたが夏服をお探しのお客様が続き賑やかな1日でした。

ご来店ありがとうございました!

今朝、わらしべトロンチ の5th アイテムも到着しまして

写真で見ていた以上に素敵なお品〜!!

「ちょうど、切子のお猪口を探していたんです…!」
※お猪口よりも大きいロックグラス的なサイズですが…

というお客様から、

「江戸切子のグラス、ずっと憧れてるんですよね…!」

というお客様まで。

季節的にもちょうど気分に合うようで、さっそく交換品を検討してくださっている方多しです。

これぞ…!というお品が見つかれば、

わらしべトロンチ にご参加くださいませ^^




今年は過ごしやすい日が続いていましたが、

接近中の台風が過ぎたらようやく梅雨があけると聞きました。

今年の夏もやっぱり暑いのかなぁ。。。

来週からはお子さんが夏休みに入られるご家庭も多いでしょうし、

今のうちに夏休みの日常着とお出かけ着の準備をどうぞ。

服は昨日もご紹介したので、今日は小物をざっくりご紹介しますね。



◎HarmonyKa リネン×ツイードのコサージュ @5,000+tax

こちらは2019年コレクション作品からのお品です。



大ぶりのコサージュで華やかな場面で活躍しそうです!



◎H armonyK a 箔プリントリボンブローチ @1,300+tax

こちらは過去コレクションからのお品。

軽くて大きめ、お魚にも似たリボンがインパクトあり。

普段使いにどうぞ。



◎HarmonyKa ターシャ刺繍のタッセルポーチ @3,400+tax

こちらも2019年のコレクションから。

リネン生地にふっくらとした植物モチーフの刺繍が入ったかわいい生地です。

ループに紐を通してショルダーバッグにカスタマイズしてもかわいい。



◎YANSU 軍手ちゃん @2,000+tax

軍手から産まれたふわふわゆるカワなお人形たち。

1人1人に名前と性格がつけられていてYANSUさんの分身のような子たちです。

ヤンスお兄さんが忙しい時にはみんなで協力して服作りを手伝っているんだと思います。


◎YANSU くつした君 @2,600+tax

くつしたから産まれたゆるふわ人形。

軍手ちゃんたちの兄貴分。

彼らは手を動かすのは苦手そうですが、

大切な物を無くさないように持っていてくれる強い味方なのです。
(腕にペンなど持たせることが可能)

玄関で印鑑や鍵を持っててもらうのに良さそう。



◎YANSU ヘアターバン @1,800+tax

リネンやコットン素材で作られたねじれ式のヘアバンド。

わたしは頭の形がおかしくて(後頭部の出っ張りが少ない)、

どうしても上手に付けられないアイテムだったりしますが

作業に集中したい時に(特に夏!)大変優秀な働きをしてくれる事は知っています。

素材も色柄も豊富に届いていますので、夏休みのお供におひとついかがでしょう。



◎YANSU ポーチ @1,800+tax

リネン生地で作られたふわふわポーチ。

内側はレインコートのような素材の防水っぽい生地が使われています。



内側にポケットもあり。

使用後の水着とか、旅行の際にはランジェリーケースとしても良いのではないかしら。



◎YANSU コテみたいなワンハンドルトート @3,000+tax

YANSUロゴが大きくプリントされた不思議な形のバッグは、

お好み焼きをひっくり返す時の“コテ”をイメージして作られたそうです。

かわいい。

前述のポーチもですが、YANSUさんは台形好きなのかな〜

画像のネイビー以外にも、ダークグリーン、マスタード、チェックの3色が残っています。

お好きなお色でどうぞ。



◎YANSU×m.funatabi 花びら染めサコッシュ @5,000+tax


こちらは昨日のブログでも紹介済ですね。

身につけるとこんな感じです。

わたし、この色好きだわ〜

今日の格好にピッタリ〜


と、お洋服以外の小物もいろいろ並んでおります。

後半もじっくりとお楽しみくださいませ!

プルオーバー展後半へ〜 染めとプリント



こんにちは。

今日から7月も後半突入〜

7月の企画プルオーバー展も折り返し地点というところまで来ました。

6月にお受けしたオーダー服も順に仕上がってきており、

それと同時に出していた販売服もずらりと並びまして

引き続き、洋服でいっぱいの店内です。

「プルオーバー展、もう品薄なのでは?」

というお声もいただいておりましたが、

まだまだ素敵服が盛りだくさん。

今日は染めとオリジナルプリントをピックアップしてご紹介していきますね。


◎YANSU×m.funatabi 花びら染めのコートワンピース / cotton 100 /37,000+tax

軽めのコットンダブルボタンのコートワンピースはすっきり細身で縦長シルエット。



共布で作られた包みボタンも一つ一つの色が異なり手の込んだ1着です。



大切に育て、一生のお供にどうぞ。



◎ YANSU×m.funatabi 花びら染めノースリーブワンピース / linen 100 /32,000+tax

前後身頃にプリーツの入ったノースリーブワンピースは

しっかりした厚みのリネン地で普段使いに重宝しそう。



全体的に淡い色合いのコートワンピースと比べて、パープルの横縞が印象的な1着です。

形もすごく綺麗なので重ね着なしでこのまま楽しんで欲しい1着。
(体型がもうちょっとアレなら私が着たい…)


◎YANSU×m.funatabi 花びら染めフレンチスリーブワンピース / cotton 100 /24,000+tax


ダブルガーゼ生地で作られたシンプルワンピースには

淡いピンクとラベンダー色のもやがかかり、上部と下部にゴールドに近い色の模様が入ります。



柔らかなダブルガーゼの質感に淡い花びらの染色がとっても良く合っていて素敵な1着。

中にタートルを着たり、上からロング丈の羽織ものを纏ったり、コーディネートが楽しめそうなデザインです。



YANSU×m.funatabi 花びら染めのサコッシュバッグ / linen 100 /5,000+tax


使い勝手のよいサイズ感のリネンサコッシュバッグはリバーシブル仕立て。

表情の異なる4面をお楽しみいただけます。



イエロー系、ピンク系、グレー系。

YANSUロゴ面とfunatabi タグ面(ポケット面)、どちらを表にして使うか迷いますね。


花びら染めの材料としては、

お花屋さんで売れ残ってしまったお花(ドライにして使う)や、玉ねぎの皮、ウッドチップやスオウチップ、など。

様々な植物が使われているとの事。

色落ちをとめる為の媒染液の違いで仕上がりの色に差が出るのだそうです。

お洗濯は手洗いがおススメ。

また、日光に当たる事で色が変わりやすくなるので

当初のお色が気に入っている場合は陰干しを徹底してくださいね。

とはいえ、気をつけていても着用してお出かけするうちに少しづつ色褪せするのが花びら染めのデメリットでもあり…

そんな経年変化も含めて長くお楽しみいただく事をおすすめします。


◎HarmonyKa マーガレット立体刺繍のプルオーバー / gray / cotton100(別布:cotton &polyester / 12,000+tax

今回、ハモニカさんのお洋服の中で唯一の染め作品がこちら。

2018年コレクションで採用されたマーガレット立体刺繍のレース生地を使って作られた1点物プルオーバー。

コレクション展開の際にはグレーはなかったはず…と思い良く見たら

白地を染めて作られたオリジナル色でした!





アンティークの風合いを出す為、むら染めをされています。

ホワイトやブラックのプルオーバーに比べて、カジュアルコーディネートに馴染みやすく重宝しそうな予感。

こちら、お洗濯は単独洗いがおススメとのことです。



◎HarmonyKa “Tres” Tシャツ / RED / cotton100 / 3,800+tax
※サイズはSとMがあり


◎HarmonyKa “Tres” Tシャツ / BLACK / cotton100 / 3,800+tax
※サイズMのみ

こちらは2019年コレクションより届いたオリジナルプリントTシャツ。

靴下のクロメさん、アクセサリーのvaloさんとの3人展 “Tres”を開催された際に誕生した企画作品だと思います。

デザイナー権藤氏による手描きのリボンロゴ&レースモチーフ。

首まわりのパイピングも細め、

シルエットや素材感などフェミニンなTシャツなので

ロゴTに苦手意識のある方にこそ挑戦してもらいたいTシャツです。

REDは2サイズありますのでお子さんとお揃いで親子で着ても可愛いかも。


◎ HarmonyKa 発泡サークルプリントプルオーバー / ラベンダー / cotton100 / 11,000+tax
※アイボリーもあり

透け感のあるジャガードニット生地にオリジナルの発泡プリントをつけられたデザインプルオーバー。

後ろ身頃のみ、プリントなしの生地が使われています。



ポコポコと、モコリンペン(←知ってますか?)で描いたような質感のプリントで懐かしさもあり。

形がシンプルなので生地とプリントの面白さが活きた1着です。



◎ HarmonyKa 花と鳥プリントのプルオーバー / mint / cotton100 / 11,000+tax

ハモニカさんお得意の変形シルエットのカットソー。

こちらは過去のコレクションからやってきました。



前身頃と袖口の切り替えは無地、後ろ身頃は大胆にプリントが入ります。

プリント部分はシフォンっぽい透け感のある綿素材が使われ、

フィルム写真のネガのような味わい。


◎ HarmonyKa 花と鳥プリントのプルオーバー / beiju / cotton100 / 11,000+tax



お色違いはこんな感じで。

プリント部はイエローやパープルっぽいお色が見えていい感じ。



夏場は中にタンクトップを、寒くなってきたらヒートテックインナーを重ねて

長期間、気楽に楽しめそうな1枚です。

プルオーバー展での販売服はどれも現物限りのお品ばかりです。

ご紹介した商品が即日売り切れる可能性もありますので

気になったお品があればお早目に見にいらしてくださいね。

わらしべ5thステージへ。15日臨時休業です。



7月もあっという間に半分が過ぎようとしています…!

SNS等では日々ご案内しておりますが、プルオーバー展は好評開催中です^^

「移転前に1度今の店舗へ行ってみたいと思いまして…!」

と出店時に出会ったお客様が初来店くださったり、

「なんとか(移転前に)来られました…!」

とワンシーズンごとにご来店くださる県外のお客様方が時間を見つけて駆けつけてくださったり、

現店舗の内装を手伝ってくれた女の子が移住先のセブ島から駆けつけてくれたり、

賑やかな一週間でした。



ここでの営業は残り20日…!

まったり、のんびりした空気の流れるこのお店。

お時間ありましたらどうぞお立ち寄りくださいませ。




お店のごとく、ひっそりと。

何気に続いておりました“わらしべトロンチ ”に5回目の動きが出ました!

4th Item
○ ボリスオクラインの版画絵2点
○タッパーウェアのピザ作りセット
○猫型メモ帳

上記の豪華セットとの交換名乗りをあげてくださった方がついに現れました!

今回は遠方にお住まいのお客様という事で、

お電話とメールでのやり取りでわらしべ成立いたしましたが

週明けに交換品をお送りくださる予定です。

5th Item は 【江戸切子のクリスタルグラス】という事で今の季節にピッタリ!



お品が届いたらまた改めてご紹介させていただきますね!




---




今月は販売のお洋服や小物が盛りだくさんで

「欲しいものがありすぎて悩む…」というお声も多いです。

ハモニカ、ヤンス、トロンチ。

テイストが違いながらも不思議としっくり馴染む3メーカーの合同販売会。

手持ちのお洋服に1点、2点プラスして

この夏のコーディネートに新しい風を吹かせてあげてくださいませ。





来週、15日の月曜日(祝)は臨時でお休みをいただいております。

ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。





TRONCHIの駆け込みプルオーバー




7月6日土曜日です。

また、雨が降り出しそうな空模様。

昨年の今頃は集中豪雨で長良川が決壊し、

長良橋の陸こうが閉じ避難勧告が出るなど、

ヒヤヒヤしたものでした。

今週は九州の方も大変な大雨だったようで、

数年後には日本が沈んでしまうのではないだろうかと時々不安に思います。

今日も後悔のないように生きたいです!


さてさて、

昨日から始まったプルオーバー展。

YANSUさん、H armonyKaさんのおかげで店内は目新しいお洋服と小物で盛りだくさん…!



初日は午前中こそまったりしていたものの

午後からは閉店時刻まで途切れなくご来店が続き皆さん楽しんでいただけていたご様子。

今回の展示では最高級品でもある、

YANSU × m.Funatabi(エムフナタビ)ダブルネームの花びら染めシリーズのワンピースも初日にお嫁入りしまして

やはり、ここへ足を運んでくださるお客様は

・手間暇かけられた
・物語を感じる
・ここでしか買えない

そんな作品が自分のスタイルにぴったりと合った時に

お買い物をされるのだなぁと感じました。

写真のお客様、しなやかで気品のある花びら染めのワンピースが素敵にお似合いでした!



想いを込めて洋服作りを…!と、

トロンチも久しぶりに自身の縫製で商品を製作中。



◎0619 のプルオーバー @5,000+tax /sold out


◎0621の プルオーバー @6,000+tax

ふわふわで、クシュクシュで、ざっくりとした真っ白なコットン生地。

まだ、息子たちが幼い頃に何か仕立ててあげよう…と少しだけ買ってあった生地。

生地そのものに存在感があるので、なるべく切り替えを無くして…と考えた結果

ポンチョブラウスとポンチョワンピースに仕上がりました。

着こなしが少し難しいかもしれませんが、

変わり種好きな方におススメです^^



◎0701 のプルオーバー @8,500+tax


◎0703のプルオーバー@6,500+tax

この2点は型とボディの生地が共通した2点。

ホワイトの方は袖とヘム部分が薄手のコットンボイル使用し、全体の色のトーンを揃えました。

見頃は裏表で表情の違うコットン生地。

お気に入りの2つの生地を組み合わせました。

グレーの方は、袖と見頃が同じ生地です。

ヘムの切り替え部分はコットンの(カルゼだかアムンゼンだか)いい感じのを採用。

ホワイトに比べてヘム部の生地の厚みがあったのでギャザーをなくし、

よりシンプルにTシャツライクに仕上げました。



◎0702のプルオーバー @6,500+tax

白地にネイビードットの長め袖ブラウスは、

ブラックのパイピングで引き締め大人の水玉服に。


水玉部分はフロッキープリントで凹凸があり、 角度によって色味が変わります。

ワイドパンツやロングスカートに合わせて大人っぽい着こなしに取り入れてみてください。



◎0704のプルオーバー @8,500+tax

コットンのアムンゼンだか、カルゼだか、(←ちゃんと調べて)…w

とにかく好みの生地をボディに。

肩フリルもフワフワシャーリングの、くしゅくしゅのコットン生地(好み)を使いました。

この服も絶対合わせやすいし、涼しいし、体型もカバーできるのでおススメ。
(自分のも作ろうかな…)


と、今週は追い込みで開店前と閉店後(9時まで…)の時間を製作にあて、やっとこさの6着〜

目の前にある生地と副資材を見つめながら、

かたちを決めてハサミを入れ、

あぁでもない、こうでもない、

何度かミシン目を解きながら仕上げる服作り。

12年前、はじめての子を出産した私は

穏やかでよく眠る長男坊と2人きりの毎日の中で

「1日1枚づつ、この子の為の服を作ろう。」

と決めました。

それが、こども服 トロンチ への第一歩でした。

この1週間は、あの頃の事を思い出しながら服を作りました。


TRONCHIとして節目の時期にこんな機会が持てたことを、

これもまた運命の巡り合わせなのだ、という気がしています。

これから先も、想いを込めたものづくりと販売を。

心がほっとする店であり、持つ方の自信につながる物を届けていきたいなと思う今日この頃です。