展示会がおわって・・・

2日間にわたる春の展示会。

tRonchi visits 円居 twice a week

が終わりました。








2日間、お天気にも恵まれ

春の風も感じる陽気でした。


お越しくださった皆様、どうもありがとうございました。


今回も、円居さんの素敵な空間をお借りして

このような発表の場がもてたこと。

本当に感謝しています。


いつも来てくださるお客様や、

久しく会っていないお友達、

ツイッターを通して仲良くしてくださってる方、

本当にたくさんの方々と

いろいろなお話ができました。


私の服を着てくださってる子供たちにも、

これほど一度に会える機会も他にはないので

嬉しかったです。
(撮影会とかしときたかったかも・・・)


受付させていただいたお洋服は

本日より制作に取り掛からせていただきますので、

楽しみにお待ちくださいませ *^^*

※お渡し・発送は4月を予定しております。
 早い段階で裁断をしてしまうこともありキャンセル、変更はご容赦ください。



















...........................................
...........................................







1年前のきのう。

とても大きな出来事がおこりました。

その日は、

いつもと同じように次男と2人縁側で過ごし、

そろそろお兄ちゃんの幼稚園のお迎えに行こうかなぁ・・・と、

そんなのんびりした時間が我が家には流れていました。


園から戻り、

テレビのニュースを見て、

言葉を失うほどの衝撃を受けました。


海のない県に暮らし、

【津波】というものがどういうものなのか、

まったくといっていいほど知識のなかった、私と子供たち。 

【いつもの暮らし】を一瞬にして

奪い去ってしまった大災害を目の当たりにし

恐怖と不安と悲しみと・・・

いろいろな感情があふれ出し、

いつもの心の状態 ではいられなくなりました。


その日は、

被災された方たちも、

何気ない日常を過ごされていたのでしょう。



昨年、

そんな不安や悲しみ、複雑な思いを抱えながらも

tRonchi 春の展示会をさせていただきました。

どこか、沈んだ薄暗い空気もある中で、

私の子供服を見て、

「かわいいね!」
「うちの子にはどっちが似合うかな?」
「来年も着たいからもうワンサイズ大きい服にしようね」

などと、

笑顔で楽しそうな子供たちやご家族を見ていて

『今、側にある幸せを実感しながら生きること 』

の大切さが身に染みました。


原発問題、食の安全性、自然破壊のこと・・・

子供たちの将来を思うと

胸が痛く、頭を抱える問題が山ほどあって

個人の無力さに、気持ちが沈みこむこともあります。




円居さんから今回のお話をいただいた時、

私たちには何ができるのかな。

という事を考えました。

正直、 

私には原発や食の安全性・災害の対策、、、

そういった知識には自信がありませんし、

何かを伝えられるとしたら、

『今、目の前にある小さな幸せを大切に生きる』

そんなことぐらいでした。


すぐに大きくなってしまう子供たち。

その可愛い大切な日々に

私の作った子供服が寄り添えるという事は

私にとって、ものすごく嬉しい事です。

一人一人のお子さんが

元気に大きくなるよう願いをこめて

作らせていただこうと思っております。



みんな、みんな、

元気に、幸せに、

楽しい毎日を過ごしていけますように ☆




トロンチ












 
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL