ブルマー人気は続いてます。

おはようございます。

新店舗体制(作りながらの営業)になってから

SNSで商品のご紹介をするタイミングをのがすようになりました…

以前は平日昼間はずっと1人、

営業日もお客さんがいらっしゃらなければすることがなかったので^^;

良い情報、

要らん情報などなど

ちょこちょこ発信していられたのですが…


お店に来られたお客さん方に

「ブログで見たあの商品が…」とか

「あ、その話ブログで読みました!」とか

「この間のブログに書かれていた気になる人って誰ですか〜?(笑)」など

話かけていただく事が多く、

これからは

出来るだけココを更新していこうと思います!


春のイベントでお世話になっているgirlieloungeさんとか、

最近はお隣のフラマンさんとか、

私の中にも、

読むのが日課となっているブログがあるのですが

発信される方の生活や価値観に勝手に共感したり

「今度会った時にこの事聞こう…」とか

そういう風に思う自分がいるので

もしかしたら私のブログもそういう風に思ってくださる方がいると信じて…

ちょっと週5更新を目指しますね!(笑)


前置きが長くなりましたが、

今日は相変わらず人気の高い

『ふんわりブルマー』のこと。




「これ、本当に重宝するので助かります!」

「こんな涼しい服ないですよね〜」

「うちは息子なんですけどいけますかねぇ?」

など、この時期は毎日のようにブルマーを気にされる方がいらっしゃいます。

中には今季分を全色揃えてくださったブルマーフリークの方も…!
(ありがとうございます…!)

6月下旬にたくさん作った【しっぽ花のふんわりブルマー】も

残りは赤い方が80、90サイズのみ。

グレーの方は各サイズ1点づつ(多分)という在庫状況になりました。



【6才 120サイズ*グレー着用】

かなり薄手のコットンを使用しているので

透けを気にされる方もいらっしゃいますが、

柄が目をひくこともあって

それほど気にならないと思います。

今回の2色は

「男の子が赤い方を履いても可愛いかも〜」と

男女ともに赤い方が人気です。

女の子が白や淡いピンクののTシャツに

グレーのブルマーを履いているのも可愛いだろうなぁと思います。

今回のブルマーは5月に登場したものよりも少し幅を広げております。

生地も薄手なので

より一層ふんわり感を楽しんでもらえるかと思います。




前回はこんな感じ。



こっちもありました。

サイズ選びをされているお客様に

過去の商品の着用画をお見せすることがあるのですが

「わぁ、その柄のが欲しかったです!」

「可愛い、、過去には他にどんな柄があったのですか〜?」と

お尋ねの方も多いので

画像を漁ってみました。


昨年の夏はこれ。



三角のスタンプを押したような柄のガーゼで。

赤や青の三角のものと2色展開でした。


昨年の春はこんな。





渋色小花柄のボーダーニットで。


その前…



人気だった『おすまし鳥』。



過去最高ふんわり・ミニクローバー。




赤い方もありました。

赤、青それぞれ白抜き柄に反転したものもあり全4色展開でした。




イチゴニットも2色あった。




『夕の風』のニット地のものも!

『朝の風』と名付けた生成り地のものもありました。

この柄は現在も布帛地でフレンチスリーブブラウスを受付してますが

こちらも今季で終わりそうな感じ。

この柄、お気に入りでした。



トロピカルフラワーのニットで。

これはかなり貴重な柄かと…

多分2、3点しか作ってないです。

この頃は いなば神社近くのおむすび屋さん

マウアデリカテッセンさん(現在は休業されています)に1部商品を置いていただいていたので

マウアさんをイメージしたお洋服を作らせていただいてました。

おむすびっぽいスパッツとか。

懐かしい…
(ゆみこさんのおむすび食べたい…)


写真を振り返っていたら、

息子たちがとても幼く、

ブルマー姿が可愛くて泣けてきました…。

今年は下の息子も小学一年生になり

さすがにブルマーは卒業かなぁ…としんみりしていたのですが

一昨日の夜、

着替え半ばで寝落ちした息子に主人がブルマーを履かせていました。

骨っぽく、色も黒く、足も長くなりましたが

それでも『ブルマー』を履いた息子のおしりは可愛くて

つい、抱きしめました。


是非、

お子さんが小さなうちに『ブルマーライフ』を楽しんでもらえたら…と思います。


本日も11:00-16:00の営業です。

よろしくお願いいたします。





あじさい柄もありました。

この柄は「あの時の紫陽花のパンツが本当に好きで…」

と未だに話題に登ることが多い伝説の一枚です!



コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL