イベント準備アレコレと我が家のバレンタイン

おはようございます。

2月も半分が過ぎてしまいました。

昨日はバレンタイン。

今月はお客さんからチョコをいただき、

いしおチョコをお返しするというやりとりが続きなんだか楽しかったです(o^^o)

昨日はずっと気になっていた “THE ”というチョコを頂戴しまして感激しました。

ご馳走様でした〜!

コンビニやスーパーでよく見かけるのに

「いや、まてまて。今日は何でもない普通の日なのに贅沢ですよね?」

などと思いとどまりなかなか買えないのですよね。。。

そういう【プチ贅沢品】ってもらえるとすごく嬉しいものだなぁ、と実感しました。

円居さんのフルーツサンドとか、

kuromeさんの靴下とか、

うちのバッグもかなぁ。

そのあたりは【プチ贅沢品】=【ギフトにおすすめ】と思います。





24日からのイベントに向けても準備を進めております。

今回はかなり早い時期から「エプロン、エプロン」と言っていたからかしら、、

2月に入って『エプロン下見』『フライングエプロン』の方が多いです。

今はまだ日によってサンプルがあったりなかったり、

詳細を決めかねている部分があったりで受付はできないのですけど

ご試着・ご意見は大歓迎ですのでお時間があればお立ち寄りくださいませ。

セミオーダーエプロン(これもプチ贅沢品の域かも)の需要がどのくらいあるのだろう、、、

と少し不安に思っていましたが

すでに色決めもされていかれた方(受付はまだですけど…)もいらして自信が出て来ました!

【本屋さんのエプロン(BOOK STORE)】はシンプルさの中に少しの個性があり、

カジュアルさと上品さのバランスが取れたアイテムに仕上がっていると思います。

ほどよい厚みの綿素材を使用しており年間通して使える万能エプロンです。

ご家庭用に、

新婚のお友達やお料理好きな奥様・お母様への贈り物に、

是非お好きな色のエプロンをオーダーしてくださいませ。






割烹着とエプロンドレス“TEA HOUSE”に使用するリネン生地は春らしい色のシャンブレー。


黄色×水色×生成、

赤×黄色×生成、

水色、紫、生成、

それぞれ異なる3色の糸で織られていて水彩画のような綺麗な生地です。

この生地は実際間近で見て良さがわかるような気がしていますので

是非ご覧いただきたい。

白や黒のカットソーの上からサッと1枚、

シンプルに羽織った着こなしが絵になるエプロンだと思います。

エプロンドレス“TEA HOUSE” は実はまだ型紙と仕様についてを悩んでおりまして、

現在のサンプルに少し修正が加わる予定です。

エプロンに関しては“150cm台〜170cm程度の身長の方まで幅広く対応できるデザインを…”と思考錯誤しておりますが

作者自身が低身長なものでどこまで縮めてよいかわからずに…

今の状態だと150cm前半の細身の方には大きすぎるかなと思うので

調節機能をどこかにプラスしたいと思います。

間に合うかな、、、頑張ります。




前出の “ TEA HOUSE ” タイプと エプロンベスト“ FLOWER SHOP ” 2型でお作りできるクレヨンカラーのリネン生地は前7色展開。


エプロンベスト “FLOWER SHOP ”も第一弾サンプルがボタン加工からかえってきたのでご試着可能です。



片面はラウンドネック+ウエスト絞り、

もう片面はV合わせのボタン開閉のデザインで前後ろどちらでも着られるように。

今、上の写真のように着用してみておりますが

座り仕事の際に肩が下がってくるのが気になるので少し修正するかも。

ただ、背の高い方にはこのぐらいの方がよいのかもしれない、、、

こちらも決定前にご意見いただければありがたいです。

イベント10日前にして早、準備が整ったような気でいましたが

創る仕事はどこで“決定”としたらよいのかわからないなといつも思います。

絵を描いていてもそう。

ついつい手を加えて思っていたよりしつこくなってしまいますが

引き算が大事なのだな、とこれもいつも思います。

考えて考えて、手をかけたものが御蔵入りしたり

サクッと登場させたものが大ヒットしたり。

そんなものなのかもしれない。

話がそれました…




そうそう、

昨日は私が帰宅するなり

「おかあさん!ぼく…チョコもらった!!」と息子が報告してくれました(^.^)

感情をあまり表に出さないお兄ちゃんですが内心すごい嬉しかった様子。

私が小学生の頃は自分がバレンタインに参加するなんて滅相もない…(ガラじゃないわ)と思ってましたが

息子はイケてる小学生生活を送っているようです(笑)。


お返しに、母(私)が20歳の頃

早朝に彼(父さん)の会社の近くで待ち伏せをして

手作りチョコを渡した思い出を話しました。

息子たちは恋の話にも興味を持つ年頃になりました。

来年は次男坊も貰ってくるのかな。

みなさんはどんなバレンタインをお過ごしでしたか。

またお店でお聞かせくださいね。


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL