磨いてみました--わたしのアン編



10月も下旬に突入しようとしています。

9月にご注文いただいたリネンの割烹着、

ご注文分すべての裁断が完了して縫製屋さんに入りました。

10月中には全てのお客様に仕上がりのご連絡ができればよいな、と思っていますが

少し納期が遅れています。

ご了承くださいませ。




皆さまお待ちかねのgirlielounge さんの秋冬靴受注会スタートまであと10日!!

もしかしたら26日より前にサンプル入荷があるかもしれません。

そのあたりはSNS等で速報お伝えいたしますね。



今日はボトムス丈が短めでしたのでミドル丈ブーツのアンを履いてきました。

わたしのアンは2015年にオーダーをしたチョコレート色のもの。

この年のアンはふっくらしたシボ革のものでチョコレートというかココアに近いブラウンでした。

パッと見、モカピンクっぽいけど確か私のはチョコレート色だったはず。

優しい中間色でとても合わせやすく、

現在ブーツはこの子しか持っていません。




秋冬のみの使用とはいえ結構な頻度で履いたのでよく見るとキズだらけ〜

今日はちょこっとお手入れをしてあげました。




お手入れに使った道具はこんな感じ。

・クリームタイプのクリーナー(保湿・汚れ落とし)
・保革・補色クリーム/ダークブラウン(柔らかさを保つ・補色する)
・防水・保護スプレー(雨や汚れをはじく)
・ブラシ
・やわらかいはぎれ(天竺ニットを使用)

靴磨き手順はインスタグラムに動画をあげていますのでよかったら見てくださいませ。
(24時間で消えちゃいますが、、)


?ブラシで汚れを落とし、はぎれに保護クリームを付けて靴を磨く。

この時、クリームを布に馴染ませてから少しづつ拭いていくのが良いです。

ちなみに、クリームを直付けしてみたら染みになりましたのでお気をつけて!!!

磨き布は着古したTシャツのような柔らかくて凹凸のない布が良いみたいです。



?色が禿げたヶ所の補色。

補色クリームをスポンジで少しづつのせます。

今回はコバの部分をダークブラウンで補色。

本体の革の色が薄めの茶色だったので(この色のクリームは持っていないので)

色の合う部分だけ、とりあえず。

塗って少し乾いたら布で拭き、ブラシで磨きます。



?全体に防水スプレーをかけて乾かす

スプレー、ものすごく臭いです(笑)
※シンナーなの?

念のため外でかけましたがよく見たら注意書きが…

【吸い込むと有害・かならず屋外で使用】ですって!

(ちょっと吸い込んだかもしれん、ゴホンゴホン…)

でもこれで突然の雨や雪も怖くなくなるかな!

面倒に思っていましたが、磨いてみると案外楽しくて癖になりそうです。

触れるほどに革がみずみずしく生き返るようにも感じます。

お花やこどもと一緒でじっくり向き合ってあげることで活き活きとするのかな、と。

靴のオーダー会を重ねるごとに、

その後のお手入れについてやお修理のご相談も増えはじめたので

私自身も勉強することにしました。

今回、ケア用品の相談に伺ったのは岐阜高島屋2Fに工房のある ミスターミニット岐阜店さん。

丁寧に教えてくださいました!

上記のケア用品は基本のもの用(ツヤ系表革)で

エナメルやベロアなど特殊な素材には使えないようです。

補色クリームはひとまず基本のブラックとダークブラウンを揃えましたので

自分で磨いてみようかな、という方は店頭でお手伝いさせていただきますね^^

イベント開催中の11/11まではお店にケア用品を置いてあります。
※販売はしていません。

どんな感じか試してみたい方はどうぞ。




靴を買いすぎている(まだおろしていない靴さえある)ので

今回は自分用は我慢!と思っていましたが

ブーツがもう一足あるといいな…と思ってみたりして。

チョコレート色のバウムクーヘン、ヘビロテしそうだな…

このたびの受注会も皆さん一緒に履きまくりましょう!!!
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL